#2 Typographics 2016

 

昨日、知り合いから
「りなこ、グラフィックデザイン興味あったんだ...」
といわれ、10回ぐらい頷いてたら、、

「俺今度、typographics っていう、
ニューヨークのデザインのカンファレンス行くよー」

って言ってきました。


そして、今日渋谷のスタバで " typographics ny "とググっていたら、、、

何これ、
行きたい、
え、
まじで行きたいんだけど、
うわ。

開催は6月13 -23日で、11日間を通してワークショップがあり、
間の金・土に世界中で活躍してる22人のデザイナーが来て、話が聞ける。


ホームページ(http://2016.typographics.com/)を開くと、

"typographics
- A design festival for people who use type"

 

ほうほう、

スピーカーの中には、
Pentagram、Google DesignのCreative Lead, Parsons、Bloomberg Businessweekから、
グラフィックデザイナー、クリエイティブディレクター、アートディレクターなどなど、んんんんんいいな。

そして、やっぱね11日間毎日あるワークショップよ。
タイポグラフィーに特化しているものから、Pythonで作るフォントのもの、NYCを歩きながらNYCに溢れるフォントを見ていくものなど、
ええやんな。

ええやん。

東京にもこんなのあってもいいよね。

つくりたいな。

 

でも、個人的にちょっと悔しい気持ちになりました。

これ、開催場所が、
私が世界一行きたかった大学 "Cooper Union"なんです。

実質受験しかけて、応募書類が間に合わなくて受けきれてない学校。
Architecture, Art, Enginneringの3つの学部があり、生徒数875人の狭き門。

美術の本格的なバッググラウンドもポートフォリオもない自分には難しいと思って、それに加えて東大との併願もあった高3の冬に諦めました。

来年再来年、ボストンが嫌になったら受けてみよっかな。

 

なーんて。

でもひとまず、typographics 2016 行きたいな。
知り合いが日本に帰ってきたら、いっぱい話聞こう。


そして、もう一回言うけど、

東京にもあったらいいな、
こういうグラフィックデザインのカンファレンス。

f:id:rinakosonobe:20160629123311p:plain

 

16:07
06.03.2016

Remove all ads