rinako

ボストンの大学の一年生。いつかアートディレクターになる。

#13_4 理想だけど観光客溢れる町【ロンドン日記】

 

題名には【ロンドン日記】って書いてあるけど、

 

 

違いますね、

×ロンドン→○エジンバラ/Edinburgh

 

まあでも統一感、統一感。

 

 

エジンバラはロンドンから飛行機で1時間半のところにあって、スコットランド最大の都市。というかスコットランドの首都。ロンドンの次に観光客が多い町で、旧市街と新市街の美しい町並みはユネスコ世界遺産に登録されている、らしい

 

ちなみにエジンバラ大学 (今これを書いているホテルから5分)は、

アダム・スミス
チャールズ・ダーウィン
コナン・ドイル

 

などなど、あっあとイギリスの前の前の首相のゴードン・ブラウンとか、あっJ・K・ローリングも。

 

あっ、

 

ブラウン元首相が出てきたから言うと、

つい昨日、なんと、なんとなんと、イギリス首相が変わりました。

 

 

Theresa Mayに。

 

BBCニュースはそればっかり、フルでキャメロン前首相のスピーチとメイ首相のスピーチ見ちゃいましたね、"ナンバー10" (イギリス首相官邸、10 Downing St.の呼び名)を去るところもばっちし生中継してた、

 

Brexitからのキャメロン首相辞任で、メイ首相がイギリスをどこまで復活させるか、期待だ!

 

 

まあそんなことは置いといて、、

 

昨日のEginburghでの行程を写真とともに紹介しまーす。

 

まず朝7時にロンドン出発、

Victoria駅からDistrict LineでMonument駅に、

Monument駅、ちなみにここは父の会社の最寄り、からDLRでLondon City Airport駅へ、

駅と空港がもはや一緒になってて、便利だと思ってたら、

説明しづらいけど、出る改札がなくて、一個だけピってやる機械が端に置いてあるだけで、みんなそれを使うんだけど、まずそれに気づかない人が半分ぐらいなほどよくわかんない設置場所だし、一台だけだし、ピってしなくても全然出れるし、

で、London City Airportが現在工事中で、

Gateがすごいちっちゃい上に飛行機も小型で、

Edinburgh空港に10時半ごろ着き、

f:id:rinakosonobe:20160715061958j:image

 

Airlink 100っていう青いバスでWaverley駅とかがある町の中心へ、

バスから撮ったエジンバラの写真がこんな感じ、

 f:id:rinakosonobe:20160715062009j:image

f:id:rinakosonobe:20160715062017j:image

f:id:rinakosonobe:20160715062023j:image

 

駅近くのバス停で下りて、

ホテルを探そうと迷いながら撮った街中はこんな感じ、

この写真の真下がWaverley駅、

 f:id:rinakosonobe:20160715062039j:image

奥に見えるのがエジンバラ城、

f:id:rinakosonobe:20160715062633j:image

ここはエジンバラ大学、 

f:id:rinakosonobe:20160715062126j:image

 

ホテルをついに発見し、チェックインして、荷物を置いて、

さあ観光!!!!!!!!、

思いのほか太陽燦々であったかく、

この写真は謎の建築物、

f:id:rinakosonobe:20160715062107j:image

これは大通りから一本外れた通り、

f:id:rinakosonobe:20160715062048j:image

 

白人系の観光客がめっちゃ多くて、夏はエジンバラは観光客で人口2倍になるらしい、

 

ホテルから徒歩2分の通りが素敵で、

 f:id:rinakosonobe:20160715062215j:image

 

大通りを歩きながら、

f:id:rinakosonobe:20160715062247j:image

 

まずはお母さんが行きたかった世界遺産のCalton Hillへ、

f:id:rinakosonobe:20160715062332j:image

 

そしてその丘にあるNational Monumentを見て、

ちなみにこのNational Monumentはパルテノン神殿のようで、本当にナポレオン戦争戦没者のためにパルテノン神殿に似せて建てられたらしい、

Nelson Monumentっていうトラファルガーの海戦の勝利を記念した碑、を父とのぼり、 

景色が綺麗で、記念碑から撮ったエジンバラの写真を少々、

f:id:rinakosonobe:20160715062830j:image

f:id:rinakosonobe:20160715062351j:image

f:id:rinakosonobe:20160715062839j:image

 

Calton Hillから見えるArthur's Seatも綺麗でした、

f:id:rinakosonobe:20160715062356j:image 

 

それからその後 Palace of Holyroodへ向かい、 

向かってる途中雨がちょっと降ったり降らなかったり、

f:id:rinakosonobe:20160715062737j:image

 

ホリールード宮殿は元は10世紀、それが倒されたあとは16世紀、に立てられた宮殿で、なんと今も使われてる、スコットランドエリザベス女王が滞在するときはここに住むらしい、王室の人が住んでいないときは一般公開されてるとのこと、

 

その近くのScottish Parliment Buildingがあまりのも素敵でした、

写真がないのが残念、ってことでぐぐったやつを、

f:id:rinakosonobe:20160715064631p:plain

これは素敵すぎやろ!って思うじゃん、本当にこんな議会なの、

でも私が目にしたのは曇ってたこともあってこんな感じのスコットランド議会、

f:id:rinakosonobe:20160715064651j:plain

 

そこからまた坂を上って、エジンバラ城を最後見ようと思ったら、、、

f:id:rinakosonobe:20160715062421j:image

 

もう6時で閉まってて、

あららららら、

 

ホテルに戻ってちょっと休んで、

夜はAngels with Bagpipesっていう父が既に予約してた、The Royal Mileっていうエジンバラの一番っていってもいいぐらいの歴史的な建物とか文化地が立ち並ぶ通りにあるちょっとリッチなレストランで美味しくお腹を満たして、

お店出たらすごい綺麗な眺めで、

ちなみにこの下の写真はその時撮ったものでこれ昨日の午後9時です、午後9時、

 f:id:rinakosonobe:20160715062426j:image

 

明るすぎでしょ、これもそう、午後9時、

 f:id:rinakosonobe:20160715062515j:image

 

そして、そのままホテルでおやすみなさい、

 

ちなみに夜はホテルの前の通りでずっとストリートミュージシャンがアコースティックな音楽を弾いてて、お母さんはうるさいって言ってるけど、わたしは結構和むしいい感じで寝れました、

ホテルの枕は数が多い上にフカフカだしね。

 

 

エジンバラは建物が何よりも素敵で、

辺りをぼーっと見てるだけでも気持ちが和らぎます。

 

でも観光地化しちゃってるところはあるかも。

 

 

 

 

今日はレンタルカー借りて、グラスゴー/Glasgowに行きます!!

(Glasgow School of Artで、来たついでに授業受けたいな)

 

 

07:40am
07.14.2016

 

#12_3 イギリス人とは【ロンドン日記】

 

エジンバラへ向かうまでに数時間寝ようと思ったけど、

もう一本だけちょっと真面目な内容書いて空港へ向かうことにしました。

 

ちなみに今お父さんが部屋入ってきて、

 

「あと40分で出るよー」

 

 

この投稿、間に合うかな、間に合わせる。

 

 

初めてのイギリス、初めてのロンドン、な私にとっては見るもの聞くもの全部がすごく新鮮で、なるべく些細なことにも注意を配り、いろんなことを吸収しようと観察力を極めている。

 

ってことで、

この2日間で感じたこと・思ったことを一回まとめてみることにしました。

 

①気候の違い
②清楚で整ったファッション
③みんな親切
④多様なイギリス人 (本題)

 

 

①気候の違い

やっぱ寒い。こんなにも東京と比べて気温が低いとは思ってなかった。外歩いていると、ウールのコート着てる人もいれば、ノンスリーブの人もいる。ノンスリーブは例外だけど、笑、基本的にはみんなnorth face的なwind-breakerとか厚手のブレザーを着ている。しかもアジアと比べて湿度が低いから、同じ20度でも東京よりロンドンの方が寒く感じる。7月なのに、普通に寒い。日本でいう11月の終わりぐらい。全然盛ってないからね。あとは、日照時間が長い。日照時間っていうのかな、午後9時でもまだまだ明るいってこと。イギリスが北緯40度だっけな、北海道ぐらいってこと。北海道行った事ないから比較できんけど、気がついたら夜の8時になってるのがすごく不思議。昨日も4時ぐらいかなって思ってたら6時半だった、。一日の8割は空が曇ってるから、太陽がどの方角にあるのかわからないっていうのも関係してるのかも。光の指してきてる方向が、もはや雨で光なんて指してこないし、わからないと人は時間の感覚が鈍るのかも。

 

 

②清楚で整ったファッション

これは昨日一日中思ってた。どこを歩いてもロンドンを歩いている人は、あっ観光客以外で、みんなおしゃれ。おしゃれっていうのも、どうやって説明すればいいかな、男の人は柄物のスーツで買い物していたり、スーツもズボンは七分丈で足首が見えてて、石田純一風で、ちゃんとした革靴を履いてる人が多い。女の人はブレザーだったり、ドレスだったり、Ted Baker風のファッションが主流かな。確かにまだロンドン市内のzone 1しか見てないし、高級デパートに昨日はほとんどいたからかもしれないけど、地下鉄乗ってる時も、学生らしき人でも、少なくともファッションにはこだわっている感じがしたし、どの人も今からインタビュー/面接があっても大丈夫な服装だった。ずっとロンドンに住んでたらファッションセンスが自然と洗練されそう。綺麗な服を着ている印象ですごく好きだね。

 

 

 

あっそういえば今からシャワー浴びないと行けないから、ちょっとまた③④については書きます。特に④については言いたいことがありすぎる。

 

あと10分だって、やっば。

ロンドン結構好きかもって思い始めた2日目でした、、、

 

 

6:50am
07.13.2016

#11_2 SALEを訪ねて三千里【ロンドン日記】

 

ロンドン2日目は何をしたかというと、、、

ショッピング!!!!!!!!
ショッピング!!!!!!!!
ショッピング!!!!!!!!

 

1日中ショッピングしました。

 

実はこの時期にロンドンに来たのはもう一つ理由があって、

今ロンドンはバーゲンシーズンなのです。
(※7月17日まで)

 

というわけで、私がロンドンに来る前、母は父と二人でもう既にバーゲンショッピングしていたんですけど、


本日は私も参加。

 

 

じゃあ一日の流れを写真とともに紹介しますね、

 

 

一本目のブログを書いた(朝6時)後、

家族で優雅に朝ご飯を食べ(写真は一本目にあります)、

父と一緒に"The Muskuteers"のテレビ番組の録画を見て、

朝寝をして(朝10時)、

午後から雨ということですぐ家を出発、

めちゃくちゃ晴れてて気持ちよくて、

一眼でいい写真を撮ろうと必死になって、

VictoriaからKnightsbridgeら辺まで歩いて、

まずはHarvey Nichols (むっちゃ高級デパート)へ、

すごくオシャレな雰囲気に圧倒されつつ、

最上階のFoodを取り扱ってるところではこんなものを発見、

 f:id:rinakosonobe:20160713132537j:image

 

一回ずつ下りて行きショッピングしてたらセンスあるマネキンに遭遇、

 f:id:rinakosonobe:20160713132541j:image

 

覚えてるだけでAlexander Wang, Victoriaaaa Beckham, Alexander McQueen, Burberry, Gucci, Valentino, Marc by Marc Jacobs等、他にも本当に高級そうなお店のSALE品からのNew Collection見ては目の肥やしになって、

途中ISSEY MIYAKEのワンピースを買ってもらい、 

Harvey Nicolesを出たら、外は雨、

 f:id:rinakosonobe:20160713132601j:image

 

父曰く意外と美味しい、謎の寿司屋さん兼カレー屋さんを通りかかって、

 f:id:rinakosonobe:20160713132606j:image

 

中通りのお店へ入ったり買ったりして、

めっちゃ雨が強くなって、ロンドンでもこれは稀らしい、

急いでHarrodsへ、

乗ったエレベーターの高級ぶりに感動、

 f:id:rinakosonobe:20160713132615j:image

 

Harvey Nicholsに感動してたらHarrodsがそれ以上で、

もうブランド名挙げるのは疲れるからやめにして、

お母さんに「Jimmy Choo一足ほしいー」って言ったら「あなたまだ19でしょ」ってマジレスされて、

素敵な空間にいて、

 f:id:rinakosonobe:20160713132625j:image

 

お腹が減りつつある時にこんなところを通りかかって、

 f:id:rinakosonobe:20160713132633j:image

 

中の美術品売ってるところで写真を撮って、

 f:id:rinakosonobe:20160713132639j:image

 

Harrods行ったなら行かねばと、Harrods Gift Shopへ、

f:id:rinakosonobe:20160713132647j:image

 

Harrodsを出てたら(午後3時)で、ちなみに向かいの道からのHarrods、

 f:id:rinakosonobe:20160713132700j:image

 

雨がふったりやんだりで、また歩いて、

途中砂でワンちゃんを彫る?アーティストさんに会って、

f:id:rinakosonobe:20160713132859j:image

 

通りすがりのお店入ったり入らなかったり、

雨はずっと降ってるけどロンドンの街並みはやっぱ綺麗で、

f:id:rinakosonobe:20160713132905j:image

 

ようやくお昼を近くのいい感じのカフェで食べて、

 f:id:rinakosonobe:20160713132709j:image

 

お腹いっぱいになったあと、Forever 21的な感じのTOPSHOPに入ったけど、

 f:id:rinakosonobe:20160713132716j:image

 

その前まで見ていたブランドもので目がおかしくなって、いつもなら飛びつくカジュアルな服が安っぽく見えて、

雨は止まず、

薄手で傘を持ってなかった私は雨で濡れ、寒くなり、

電車 (Piccadilly Line)でKnightsbridge駅からPiccadilly Circus駅へ、

ロンドンが思いの外寒すぎてSuperdryでジャンバーを買ったりしながら、Superdryのタンクトップでよくわからない日本語発見して、

f:id:rinakosonobe:20160713132816j:image

 

途中のTed Baker, Bennettonなどなどでお買い物、

その間にロンドンはすごい混んでて、
(この写真お店の中から撮ったんだけど、撮った後Madam, no photos pleaseって言われた、Madamだって、マダム)

 f:id:rinakosonobe:20160713132741j:image

 

最後はJohn Lewisでお買い物、

気がついたら午後8時で、

帰りはバスで、ついに私もdouble decker bus乗って、

 f:id:rinakosonobe:20160713132833j:image

 

ちなみに、乗ったバスのOyster (日本で言うPASMO的な)をピってしてバス賃を払う機械がたまたま壊れてて、タダで乗ることができました、

 

家に着くと、

歩き疲れた私はすぐソファーで寝て、

気がついたらお母さんカレー作り終わってて、

お母さんも疲れてるはずなのにカレーを作っててさすがや、偉いと内心思って、

食べて、

また寝ました。

 

 

そして今に今に至ります。

 

実は、、、

あと数時間したら、、、空港に向かって、、、

 

そこから、、、

Edinburghへ飛びます!!

 

エジンバラは最高気温が9度らしい、

ロンドンも相当東京に比べると寒いけど、もはやエジンバラは冬やん。

 

今日買ったSuperdryの真冬用ぐらいのジャンパー活用しながら、綺麗な景色を堪能してきます。

 

2泊3日のEdinburgh
こりゃ楽しみ楽しみ。

 

ひとまずもう一回寝ますね。

 

 

4:22am
07.13.2016

 

 

 

#10_1 トイレに行かず15時間【ロンドン日記】

昨日、11日の11:20(日本時間)、
羽田発のロンドンヒースロー行きに乗り、

昨日、11日の13:30(ロンドン時間)、
ヒースロ国際空港へ着陸!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:rinakosonobe:20160712150849j:image

 


11時間半のフライトの感想は、

よく寝れた。
機内食、特にパスタは美味しかった。
Alligent (Divergent3作品目) まあまあよかった。
体育座りはよく寝れる。
Martian (マットデイモンが火星に残される作品)もっとよかった。
物理とか化学、植物学を頑張ろうと思った。
JALのCAさんは綺麗。
朝ご飯のパン、チーズパン美味しかった。
Batman vs Supermanちょっとストーリーがよくわからず途中で切った。
お昼のモスバーガーが白い服に付いて凹んだ。
上から見るロンドンの町はすごく綺麗。
本当に本当にロンドンの町は上からの見がいがある。

その写真がこちら、

f:id:rinakosonobe:20160712151002j:image

 

 



そっから、税関?の長蛇の列に1時間半-2時間ぐらい並び、

父が空港まで迎えに来てくれて、まずトイレへ、

Oyster (日本で言うPASMO/SUICA的なもの)を買って、

f:id:rinakosonobe:20160712151812j:image

 

Heathrow ExpressでPaddington駅まで直行、

f:id:rinakosonobe:20160712151056j:image

 

普通の地下鉄?でCircle Line乗って、Victoria駅で下りて、

2分歩いて、家到着!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そこからは、ご飯を近くのレストランで食べて、

Nando'sだっけな、なんかアメリカでいうApple Bee's的なところ、

普通にお腹いっぱいになって、

Sainsburyっていうスーパーで買い物して、

f:id:rinakosonobe:20160712151042j:image

 

家帰ってきたら気づいたら、寝てました、

たぶんソファで寝てたから、夜お父さんがベッドに運んでくれたのかな。

f:id:rinakosonobe:20160712151830j:image

 

 

で、

なぜロンドンにいるのかちょっと説明すると、

①父が単身赴任中
②父の会社にチケット代を払っていただける最後のチャンス
 (日本発日本着の場合のみ1年に1度だけで、アメリカの大学通い始めるとアウト)
③ロンドンの美術館行きまくりたい
④いい写真撮りたい
⑤旅が好き

こんなもんかな、父に会うためが理由の70%ぐらいかな、笑

 

 

そんな感じで、今時差ぼけで朝の5時半に起きて、ロンドン日記一本目を書き中。

これから10日間はどんどんロンドン日記を更新します!!

 

ちなみに今日の朝ごはん、

f:id:rinakosonobe:20160712151142j:image

 

 

さあ、今日は何をしようかな、
どんなものを見て、誰に会うのかな、
楽しみ楽しみ、

初めてのロンドン。

 


06:35am
7.12.2016

 

#9 F-1ビザ取得の道のり

 

今日の朝8時15分から、
アメリカ大使館でビザの面接がありました。

 

結果は、、、

もちろん大丈夫でした。

 

 

一緒にWellesleyに行く子と行ったのですが、その子は一瞬で終わったのに私は面接がめちゃくちゃ長くて、っていっても担当していたofficerが初めてだったらしく、

 

聞かれましたね、
やっぱり、

「髪の色、相当写真と違うけどどうしたの?」

 

(苦笑)

 

 

アメリカの大学で勉強するためには絶対に必要なF-1 Visa、
そのためにI-20/DS-190、SEVIS I-901等の書類をそろえないといけなく、結構面倒だったりします。

Certificate of FinanceもI-20のために必要だし、そもそもFinancial Aid/奨学金に応募する場合はアメリカ大学受験の場合、International Student Financial Aid Applicationといって、

家族、自分の銀行口座残高、
その証明となる銀行の人のサイン、
親の収入の詳しい明細、
それを証明できるよう親の上司のサイン、

それに、
車の種類、
持っている宝石の合計価格、

これだけじゃないです。結構細かく聞いてきます。兄弟の分も書きます。

 

相当お父さん、お母さんは時間をかけて書いてくれてました。
(ありがとうございます。)

 

お金が関わってくるといろんな手続きが増えて、
責任も重くなるし、判断に重みが出て、大変なことを去年の冬実感しましたね、。

 

 

さて、F-1ビザは、
数週間でパスポートが家に届いてくるので、それで完了!!!!

ちなみにちょっと自慢すると、
過去10年間で私4つのアメリカのビザ発行されていて全部種類が違うっていう、

 

 

ひとまず、ビザの手続きが一段落して安心しながら、
大使館の近くにあった六本木のスタバでこれを打ってます。


今日はアメリカでは、(時差の関係で今日)
独立記念日/Independence Day/4th of July。

花火したいな。
友達に会いたいな。
BBQしたいな。

 

07.05.2016.
00:36pm