Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

rinako

ボストンの大学の一年生。いつかアートディレクターになる。

#18 理想の後輩への接し方

最初に言います、

だいぶ自分勝手な考え方だけど自分が思うように書きます。

真面目にノーオフェンス。

 

 

模擬国連
海外大学受験・進学、
Slush、
TEDx、

自分が何かを成し遂げる度に
後輩から「◯◯について聞かせてください!!」

っていうメッセージが来る。

おおお!!って思って返してたけど、
今は正直返したいのかもわからない。

 

建築も機械工学も吸収するのに必死で時間もないのもあるけど、それよりもひとつ返すのを戸惑う理由は、

 

毎回返す度に、前の自分に戻る感じがするから。

 

 

 

模擬国連のことを思い返すと、あのときの気持ちとか思い出がふわーってきて、じゃああの時のあの人と久しぶりに話したいな、で、その人にメッセ、その間後輩とのメッセが続いてて、この間1時間。

 

海外大学の話は、特に自分も悩んだし簡単に言えないことだからこそちゃんと時間を取って後輩にメッセしなきゃって思う、、私からみたその人が知りたいことってなんだろう、紹介できる人いるかな、この間1時間。

 

あれ、模型への2時間手がとまちゃった。
携帯も20%。

 

 

自分のタスク一個一個に必死だから、


今は正直返したいのかもわからない。

 

 

 

でも、それとは別に「後輩へ返信すること」に義務感があるのもある。流行りの言葉でありよりのあり的な。

 

私も先輩方に特にそうしてきた。
とにかくいろんな人に聞きまくってた。
すごいめんどくさい質問も、ちっちゃな質問も。
お世話になりました笑


先輩たちはちゃんと答えてくれてた。

 

今でもはっきり覚えてる、
あの先輩すんごい長いパラグラフをメッセンジャーで打ってくれたな、
あの先輩スカイプの時間取ってくれたな、
あの先輩文面だけじゃなくて写真も送ってくれたー、
あの先輩は私の質問に対して答えだけじゃなくて逆に質問もたくさい返してくれたな、

 

その一個一個のことですごいテンション上がったりしてて、◯◯に対する印象が変わったりして、
素直にこんな先輩「素敵や〜」ってなって、、、

 

 

日本とボストン、2つの人生が同時並行で進んでる感じがして、こっちでのプロジェクト/アサインメントが立て続けにあると、日本から連絡がくる度に一歩横にずれなきゃ行けない気がする。

 

 

もう一個、
なんで後輩なのか。

友達にSlushについて聞かせてって言われても特にそうは思わない。
この前約束に遅刻したし笑とか、

質問の前に、単純に友達だから。

 

後輩、先輩ってめんどくさいね。時々。

 

 

エニーウェーズ、

話を戻すと、待って、話をまたそらすと、

 

結局先輩に聞いて大きく何かが変わるかって言ったら、あんまり変わんないんじゃないかな。それを通してした自分の経験が何より大切で、先輩に聞いても、じゃあ先輩と同じ道通ってるだけじゃ、何もおもろくない。本当に決断しなきゃいけないのは自分で、聞いても変わらないものがすごく判断基準の大きな部分を占めてて。
私が先輩に聞きまくってたのは、自分で考えるのがめんどくさくて逃げたくて、メッセンジャーでぽいっと聞くのが楽だったから。今思うと。でもそこで聞いてることって家を立てる前に椅子とか家具を選んでるみたいに、あとあと超必要で、家具次第で家の雰囲気も変わるけど、でも家がなかったら家具も必要なくなる。

 

ん、でもやっぱ尊敬する先輩が考えてることは知りたくて。

 

話を戻すと、

すんごい単純に後輩には慕ってほしいやん笑

えへ。

 

でも何もしないかは聞いた方がいいと思う。
また返信しなきゃって思ってもなんだかんだ返信してるのは義務ってよりも、誰かのために何かすることっていいことだから。

 

 

 

題名に戻ると、理想の後輩の接し方ってなんなんだろう。

 

一昨日、なんかの面接受けてて、聞かれた。
"What do you think is the most important attribute as a leader?"

なんだろうね、
Honesty: 3日後に返すんじゃなくてその場で「あごめん、ちょっと返信待てるかな」
Dignity: 短めに端的に。
Detication: しっかり一歩掘り下げて返す。
Communication: 電話なりスカイプ?

 

理想の後輩への接し方は理想のリーダー像と一緒でそれぞれで違って、じゃあ私はどんな先輩でいたいのか。

ちょっと考えさせられました。

 

 

 

ちなみに私の答えは

"Well... I can think of two things on the top of my mind. To be able to listen to others is one for sure. And by that I mean not just lending your ear but actually listening and trying to understand. And also another is to be able to trust who you work with. Maybe by giving or sharing your workload with others, you can't be a trustworthy leader without trusting them."

「人の話を聞けること、人に仕事を託せること」
なんちゃってかっこつけた答えいちゃったけど、私のこと分かる人は、なるほどねってわかるぐらい自分のさりげない像が見える答えでちゃうね。

 

 

 

2.25.2017.
2:25pm

 

 

 

 

#17 日本帰国フライトに間に合わなかった事件

飛行機にこれまで何千回と乗ってきた。

たくさんの空港にいったことある。

とてもスムーズに空港行き来できる自信ある。

 

でも事件は突然起こった。

 

 

まあ題名の通り、理由が重なって日本へ帰る便に間に合いませんでした。

えへ。

 

 

要反省。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、
反省終わり。


ってことでこの際楽しんで行こうって新たな目標を立てました。

 

ってここまで書いてたら、

8時半発のトロント行きはだめだけど、
10時半発のトロント行きに乗れることになりました。

 

ということは、

13時発羽田間に合うかも、
21日の夜まで東京戻れるかも、
でも遅れた方がいいこと思ったかもなんて思ったり、

 

 

 

強運やな。

ありかどう。

 

 

思ったのは何かマイナスなことが起きた時に、楽しく前向きに考えようとできるようになったきっかけってあって、

あのときは良くないことにとらわれて立ち直りも遅かったし、怒りとかイラつきがつい気持ちの大半しめちゃったけど、

 

人生一瞬一秒楽しんでいかないと。

 

 

 

日本帰ったら、違ったものが見えるのかな。

試験とかセレブレーションでこの三日間寝てないので、テンションあげられないけど。

 

ちょっと楽しみにっぽん。

 

9:54am
12.20.2016

 

#16 「アメリカどうなん〜」への答え方

2週間前に締め切りだった7ページの建築のペーパー

明日の朝11時に締め切りの6ページの文学のペーパー

書きたくないあまりブログ(=考えまとめ帳) を書きます。

 

 

 

題名の通りです。


#14を書いたあと、もう無理ってなって冬日本帰国の航空券を買いました。
で、いろいろ冬の過ごし方を検討し、いろいろ決まってきたんですけど。

日本に帰ったら、私は何千回と聞かれる質問、

「アメリカどうなん〜」への答え方がいまいちわかりません。

 

っていうのは嘘で、

 

本当はわかってます。


「楽しいよ、勉強は大変だけどね笑笑」

「あとね、寒い」

「パーティーとかいくと、MITのフラットピーポーはやっぱ賢いしいい人が多い、ハーバードの人達はナルシで調子者が多いね、笑」

「教授とかスーパー優しいし、朝の授業でドーナッツ買ってきてくれたり、ローマのお土産のチョコレートくれたり、物理の教授はいつも宇宙ネタのグラフィックT着てるし、起き上がるのがめんどくさくて授業休むと、休む度メールをわざわざ送ってくるのはやめてほしいけど。」

「めっちゃ充実しているー」

 

 

嘘じゃない。

全部嘘じゃない。

最後の充実してるかっていうのも、充実してるさ。やること多いし、やることなければやりたいことができる環境だし。ある意味、これほど中身のつまった濃い時間は人生で初めて。

 

だから、

「アメリカどうなん〜」って聞かれたら、

私は答える、

 

「楽しい楽しい〜」

 

で次の会話にレッツらゴー!!

 

 

 

 

 

「楽しい」の先の感想は正直、聞いてる側からしたらどうでもいいことだし、正直日本の高校からある程度いいところの海外大学の学部生を体験してないとわかんない。

加えて、考え方もみんな違うし、海外大学行ってるからって私の頭でぐるぐるしてることを本気で共感する人も全員じゃないと思う。

(自分の頭の中から出して、言葉にしてる時点でn+1になって、本当に共感することは可能か不可能かは置いといて。)

 

 

でも、そこで思ったのが、

そんなことしたら自分の中で壁を作るだけじゃん。

 

壁をつくるっていうか、

周りには見せない奥の部屋とその周りの間の壁がたとえば三メートルだとすると、そこにレンガをつみ重ねて行くってこと。壁を助長するってことかな。

 

 

じゃあ、聞いてくれそうな人には、その先の事も言って、、、
(ぶっちゃけあんまりその先っていうのもないような気がしてきた)

 

普通に挨拶代わりに聞いてくる人には、「楽しい楽しい〜」で、、、

 

なんかこれは私は納得いかないんだよね。
全員「楽しい楽しい〜」でいいと思う。家族も含めて。

 

たぶん自分の中でも答えが見つかってないからこそ、ちゃんと自分で整理したいんだと思う。


ただ単にめんどくさいんだと思う。

 

さっさと先に早く進みたいんだと思う。

 

 

 

あああでもきっと1ヶ月後日本に帰ったら、

私はその場その場で相手に合わせてウケそうなネタを持ち出して、アメリカでの大学生活について語り出すんだろうな。

 

 

 

今は黄色から緑に変わる分岐点にいます。

すんごい捻くれた緑が生まれそう。 

 

 

10:16pm
11.28.2016

 

 

 

 

#15 男の存在の大切さ

本題に入る前に#14のちょっと思い返し。


本当にありがたいことにいろんな人がメッセージをくれました。だけど、誰一人同じことを言わなかった。もちろん結論は「辛いけど我慢」以上。なんだけど、海外大組の勉強の捉え方、向き合い方は人それぞれだってことがわかったべ。

 

あとひとつ思い始めたのは、

そんなにあがいて、もがくまでも毎日通って住むこの場所ってなんなんだろうね。

 

納得するピッタリな答えはきっと見つからないと思うけど、

でも自分がいやすい環境にいすぎたら人生ドラマチックにならないと思う。

さよならにっぽん。

おはようドラマチック。

だから、まあこういう人生の若きフェーズってことで適当に過ごします。

 

 

 

 

さあ、本題。

 

 

 

男の存在意義について。

 

Wellesleyにコミットする前の話をします。

教育方針とか、学校のカラーとか、学校の規模とかロケーションとかランキングとか見比べて、海外大学の受験校リストを作って、受かった学校の中から奨学金が多くもらえて自分が行きたいって思うところに絞って、、、

 

最終的に2校になりました。

片方は女子校、もう片方は共学。
片方はボストンがある、もう片方はまあ有名な都市が近くにあるけどボストンほどじゃない。

 

で選んだのが女子校でボストンに近い学校。

 

ボストンがある方を選んだのに関しては一切文句はないよ。
無料で気軽に30分-45分でボストンに行って、MITとかハーバードらへんのCambridge、チャールズリバー渡ってBU、Northeastern, Berklee, MFA側いけるし、Downtown BostonはChinatownもあるしショッピング街も多いし、あらゆるイベント・アクティビティー・パーティーがたくさんあるし。

 

 

でもね、女子校。

 

女子校。


あんまり考えてなかった。


男子がいないっていうことがどういうことが全然わかってなかった。

当たり前だったものがいなくなって、失って初めて気づいた。

(どっかの曲の歌詞みたい笑)

教育の場所において男子がいることの意義について初めて考えた。

 

別にWellesley嫌いな訳じゃないし、むしろWellesleyは本当に全米の中で私には最もいい大学だと思う。それに女子校は女子校の良さがあるよ。夜中の2,3時でも散歩行けるし、物理の授業取っても全員女子だから差別もないしSTEMへ進みやすいし、授業の質がシングルセックスだからこそ高いし、特にシスターフッドの文化は半端ないしね。お互いのことを大切に思う気持ちと世界を変えて行こうっていう気持ちが全体として強くあって時々この場所がどんなに特別で恵まれた場所かハッとする時あるけど、

 

でも、

でも、

でも、

でーもー、

男がいないっていう環境は異様、おかしい。

 

世の中本当に女も男もいるから成り立つってことがよーーーく分かる。

 

 

男子は全体の雰囲気を和ませてくれる。
ピリピリした試験前のストレスフルな雰囲気を少し晴らしてくれる。
馬鹿なことをしてるのを見れるのがどれぐらい幸せなことか。
単純な思考回路は必要。
うるさく「うえーーーい」って騒いでるBGMは必要。
後先あんまり考えずに走り回る人間は必要。

いちいちグチグチ言わないで細かいところ気にしないでネチネチしてないで遠慮とか配慮とか気にしないで、下ネタとか昨日のバスケの試合の話とかゲームでレベル24までいったとかでひたすら盛り上がる人間は超必要。

 

 

なんでWellesleyは共学じゃないのか、
共学だったらWellesleyじゃないんだけど、
でもなんで女子校なのか考えつつ、

 

男の存在の大切さに気づきました。

 

どんな大学もいいところも悪いところもある。

 

しょうがない。

 

 

 

 

10.25.2016
12:42am

#14 上にいきたいんだっけ?

こっちに来てから初めての投稿、

っていうと嘘になるね、

 

本当は先週の金曜日、
書き始めたものがあるんだけど、、、

あまりにも暗いむしゃくしゃした内容だったから

 

やーめた。

 

 

こっちに来て2ヶ月、とりあえず今の気持ちを書きます。

 

なんでアメリカの大学に来たのか、
なんで自分が受かった学校の中で一番自分が不幸せそうな学校を選んだのか、

答えはシンプル。

 

自分が通ったら成長できるかなって期待してたから。

 

 

 

でも甘かったね。

 

 

 

同じ大学に通ってる中高の友達にある日、いつも通り課題をやりたくないこと等諸々を愚痴ってたら、

その子が言ったの、


「人生のどっかで賢くなりたいって思ったからこうなってんじゃね」

 

 

中学生高校生の時、向上心ってすごい素敵なものだと思ってた。
人の何倍も向上心がある自分に自信もってた。
実際高校生の時、いろんなところ行っていろんな人に会ってたのだって何かしら上に行こうを思ってたから。
Wellesleyに受かったのだって、向上心があったから。

 

 

 

 

話は逸れて、

先週の金曜日の話をします。

 

12時に出さなきゃいけない美術史の宿題があったんだけど、
11時ぐらいに一気に今まで感じたことないぐらいのストレスがどんと降ってきたんよ。

 

いやいやまじ予想外。

 

いままでの自分がいかに愉快な人間だったのか、

なんか本当のストレスってこういうものかって思えるぐらいすごい量のストレスが雲の上からぽいって私の足下に降ってきたんねんな。

 

別に課題がスーパー難しかったわけじゃなくて、
ただこれぐらいの時間でできるかなって思ってたものが終わらないことがわかって、思い通りに行かなくて、それに英語の真面目なペーパーだし、美術関連で書きたいことがはっきりあるし、もっと奥深い内容に触れたいのにいまいち綺麗にまとめられなくて、

 

まあ、

とにかく頭の中が、

ス・ト・レ・ス、

ってなって、

11時過ぎに、

「あああもう無理」、

って諦めちゃった。

 

 

すごかったね、一生あんな量のストレス感じたくないわ。

これからの原動力はこのストレスを感じないように課題を終わらせることっていうのが成り立つぐらい絶対もう降ってきてほしくないわ。

 

えにーうえず、
結局諦めたものの、根は真面目な人間だから、その次の次の日提出したから成績は遅れてる分落とされるけど、いいとして。

 

思ったのは、、、、、

 

簡単に楽をして、
向上心がなくても、
なあなあで授業出て、
テストもAじゃないけどB,Cで乗り越えて、

 

四年間過ごせるじゃん。

 

でもそう思うと、

でもそれはそれで違うと思うんだよね。

って否定する自分がいて、

 

やっぱ

「人生のどっかで賢くなりたいって思ったからこうなってんじゃね」

 

 

 

その通りで、

この投稿書いてる今も向上心あるんだよね。

 

 

でも、先週の金曜日のあの2時間ぐらいはなかったのは本当のこと。

 

じゃあそれがずっと続いたら?

本当にやる気なくなったらどうなるの?

 

 

怖いね。

 

 

 

こっちに来てから一番痛感してることは、

いかに自分が努力をしないでなあなあで「上」にいたまんまだったのか。

 

勉強に置いては本当に切実にそう。

 

こっちで毎日思うのが、
そもそも上っていうのがこっちだとよくわからないんだけど、

 

自分の頭で何でも考えないと学べないってこと。

本当に机に向かって勉強しないと自分が取りたい点数は取れないってこと。

 

日本だと私には勉強の逃げ道があって、
自分は気づかないでその逃げ道が本当の道だと思って通って、
意外といい結末に満足して誤解して、

 

逃げ道がない中、どうしよっか考え中の今です。

向上心がある今のうちに「上」目指さないとね。

 

 

この投稿終える前にストレス溜まりまくりの日々だけどちょっとは楽しいアピールってことで写真を一枚。アメリカの大学はアメリカの大学なりの楽しみ方あるべさ。

 f:id:rinakosonobe:20161018135937j:image

 

 

 

最後にウルトラストレスマックスタイム中にWellesleyの先輩から言われたすごい的確な言葉で、

 

「辛いけど我慢」

 

 

 

 12:45am
10.18.2016